ソフトやツール、サイト、ブラウザ関係を取り扱っています。気分で更新してますんでたまに見に来てください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[タグ未指定]


--・--/--(--) --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

関連記事

loading...

リカバリーモードの説明 Configurationメニュー 

ここでは、Configurationメニューの説明を行っています。
ここでは、CFWの各種設定が行えます。

メインメニューの説明とリカバリーモードの全体図はこちら
Advancedメニューの説明はこちら
CPU Speedメニューの説明はこちら
Pluginsメニューの説明はこちら
Registry hacks メニューの説明はこちら

---------------------------------------------------------
2/24更新
CFW 5.00 M33-6 に対応

↓クリックお願いします。
FC2 Blog Ranking
---------------------------------------------------------

~Configurationメニューの全体図~

「Configuration ->」
 ┣「Back」
 ┣「Skip Sony logo」
 ┣「Hide corrupt icons」
 ┣「Game folder homebrew」
 ┣「Autorun program at /PSP/GAME/BOOT/EBOOT.PBP」
 ┣「UMD Mode」
 ┣「Fake region」
 ┣「Free UMD region」 ←これはなくなりました。
 ┣「Use VshMenu」
 ┣「XMB Usb Device」
 ┣「Charge battery when USB cable plugged」
 ┣「Use M33 network update」
 ┣「Hide PICO.PNG and PIC1.PNG in game menu」
 ┣「Use version.txt」
 ┗「Speed up MS access」


・「Back」
  メインメニューに戻ります。

・「Skip Sony logo」
  この項目を有効にしてると、
  電源を入れたときに表示されるロゴを表示しなくなります。
  また、ディスクの自動起動も行われなくなるようです。

  詳細はこちら

・「Hide corrupt icons」
  自作アプリなどで % が付いているフォルダを非表示にします。
  (「破損ファイル」を非表示にします。)

・「Game folder homebrew」
  GAMEフォルダにインストールされている自作アプリを
  カーネル1.50モードで起動するか、
  カーネル5.xxで起動するかを選択します。

  カーネル1.50モードを使用するには 1.50 kernel Addon
  インストールされている必要があります。(下記詳細)

  1000型でカーネル1.50

  これを導入すると
  ロケーションフリープレイヤーと韓国語フォントが削除されます。
  また、漢字変換の際に落ちることがあるそうです。

  
  導入方法はこちら
  ※カーネル1.50は1000型のみ導入できます。

  管理人としてはこの下にある
  「1000型・2000型でカーネル1.50」をおすすめします。
  下の方は何も削除せずに導入できます。

  1000型・2000型でカーネル1.50

  2000型でもカーネル1.50を導入可能になりました。
  ただし、まだベータ版で完全に起動できるわけではありません。
  ですが、eLoader v1.000と組み合わせれば
  だいたい起動できます。

  ※これは1000型、2000型の両方に導入することができます。

  導入方法はこちら
  ※この方法はカーネル1.50が
    インストールしてある状態では導入できません。

・「Autorun program at /PSP/GAME/BOOT/EBOOT.PBP」
  「.../PSP/GAME/BOOT/EBOOT.PBP」に
  入っているプログラムを自動起動させることができます。

・「UMD Mode」
  ISOファイルを起動するときにUMDが入ってなくても、
  起動できるようになります。
  しかし、中には起動できないソフトもあるようです。

・「Fake region」
  この項目を変更すると、リージョンを変更することができます。

・「Free UMD region」
  この項目を有効にすると、
  ビデオディスクのリージョンをフリーにすることができます。
  ※この項目はCFW 5.00 M33-4 以降ありません。

・「Use VshMenu」
  XMB上で「select」を押したとき
  「VshMenu」を開くか開かないかを選びます。

  有効にしておかないと「VshMenu」を開けません。

・「XMB Usb Device」
  XMBのUSB接続でアクセスする場所を選択する。

・「Charge battery when USB cable plugged」
  USB接続したときに充電するか、しないか。

・「Use M33 network update」
  ネットワークアップデートの時にどこに接続するかの設定。

・「Hide PICO.PNG and PIC1.PNG in game menu」
  この項目を有効にすると「ゲーム」->「メモリースティック」を
  開く時間が短くなります。

  ただし、少し待つと表示されるそのアプリやゲームの背景が
  表示されなくなります。

  詳細はこちら

・「Use version.txt」
  バージョンを偽装したいときに使う項目です。

  これは先に準備していないと、
  これだけを有効にしても偽装できません。
  flash0 をいじるので、注意してください。

・「Speed up MS access」
  メモリースティックの読み込み速度を早くすることができます。

  詳細はこちら

~END~



[タグ未指定]


2009・01/07(Wed) 13:32| リカバリーモードの説明 | TB(0) | CM(0)

関連記事

loading...

COMMENTS
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
About & Links
Special Links

New Links

このブログに書かれている内容の実行は自己責任でお願いします。 いかなる不具合が出たとしても管理人は責任をとりませんのでご了承ください。

右側のサイドバー上部にマウスを置くとメニューが開きます。 そこから、より簡単に目的の記事を探すことができます。

相互リンク募集中です。
こちらへお願いします。

Family
  • PSPとかPCとか あぷろだ
    なんか作ってみた。いろいろUPするつもりです。
  • 検索フォーム
    Links


    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。